食べても太らないためのストレッチ

食べても太らない!そんな夢のような体にはストレッチは有効な手段なんです。
MENU

食べても太らないためにストレッチ

ストレッチする女性

 

食べても太らない体質を作っていく上で
1つの方法となるのがストレッチです。

 

でもストレッチって運動前の準備
運動みたいなもので、それだけで本当に
太らない体質が作れるの?

 

私も最初はそのように単純に
思ってしまったのですが、詳しい知人に
聞くとどうやらそういうわけでもなく、理由を聞いて納得したんです。

 

食べても太らない体質にストレッチが有効な理由

ストレッチがなぜ太らない体質を作り上げられるのか?

 

まずストレッチがどのような
作用を体に与えるのかを理解すると
そのあたりのことが紐解けます。

 

まず、ストレッチとは凝り固まった筋肉を
伸縮させて、再び柔軟に動くようにするために
行うものです。

 

凝り固まった筋肉は欠陥を圧迫して
血流を悪くしてしまう要因になるのですが、
ストレッチはこの凝り固まりをほぐし、血行を良くすることにつながります。

 

血行が良くなって、全身に
しっかり血液が流れるようになると
体の体温は上昇しやすくなるわけです。

 

つまり、体が発熱するはたらきを
サポートするはたらきがストレッチには期待できるということです。

 

体が発熱をするということは=カロリーを
消費していることにつながり、これを
一般的には基礎代謝と呼びます。

 

ストレッチはその人の基礎代謝を
向上させるはたらきがあることでカロリー
を消費しやすくし、食べても太らないと
いう理想の体に近づけるわけです。

 

もちろん、ストレッチもたまにやるのではなく、
できれば毎日、少なくとも2日に1回とか定期的に
行うからこそ意味があり、だからこそ血行を
継続的に良くすることにつながるわけです。

 

ただ、別にストレッチはちょっとした時間の
合間にでも十分できるわけなので、
できるだけ毎日継続されることはおすすめしたいです^^

 

>>>食べても太らない体質づくりのための3つの方法とは?!

 

このページの先頭へ